東京都町田市能ヶ谷1丁目7番7号 レクセルプラザ202 ●小田急線「鶴川駅」徒歩1分

町田市の鶴川駅前に所在する「つるかわ駅前訪問看護ステーション」は、町田市と、隣接する稲城市・川崎市麻生区・横浜市青葉区が訪問エリアです。

2018/11/21
  • 言語・聴覚・嚥下障害でお悩みの方
    脳血管障害や神経難病による諸症状
    【聞こえの障害】
    話しことばが聞き取れないためコミュニケーションに問題が生じます。また、自分の話し声も聞き取れないため発音や声の大きさなどが不自然になります。
    【言語機能の障害】
    ことばが出てこない、意味がわからない、といった「失語症」、記憶や注意力低下、認知機能の障害により、円滑なコミュニケーションや日常生活に影響を及ぼします。
    【話しことばの障害】
    声のかすれや大きな声が出ないといった「声の障害」、発音を誤ったり呂律がまわらないといった「発音の障害」があります。
    【摂食・嚥下の障害】
    食べ物を噛んだり、飲み込んだりできない状態をいいます。食べ物が肺に入って起こす肺炎や食べ物による窒息など生命に危険を及ぼす可能性のほか、低栄養による体力・免疫力の低下、食べる喜びも失われます。

    私たちが日常生活を送る上で欠かすことのできない、聞こえやことばの障害、嚥下障害を対象として支援する医療専門職が言語聴覚士です。当ステーションでは言語聴覚士が訪問し、機能の獲得や改善、能力の回復・拡大を図り、よりよい生活を送ることができるよう支援しています。
  • 自宅療養に対する心配・不安
    医療依存度の高い状態で病院を退院されるときの、ご本人の不安とご家族様のプレッシャーはとても大きなものです。私たちの在宅サポートについて、きちんと納得し安心感を持っていただけるよう、何度でもご説明ご相談に伺います。在宅医が決まっていない方、保険制度の解りにくいことなど、どんなことでも遠慮なくご相談ください。
  • 退院直後、土日祝でもすぐにケアが必要な方
    つるかわ駅前訪問看護ステーションは、24時間365日万全の体制で自宅療養される方々の不安を取り除き、個々の状態に最適なケアを創出します。
    緊急時の夜間対応はもちろん、土日祝の退院にも合わせて訪問スケジュールを組みますので、どうぞ遠慮なくご相談ください。
  • 糖尿病治療中、または糖尿病の心配がある方
    つるかわ駅前訪問看護ステーションには「糖尿病療養指導士(CDEJ)」が在籍しています。
    糖尿病治療中の方に対するセルフコントロールの支援や、糖尿病の心配がある方に対し、個々の状況に応じた食事や運動方法など、日常生活や治療に関する専門的かつ的確なアドバイスを行うことが可能です。どうぞお気軽にご相談ください。
  • 特大
  • 大
  • 標準

つるかわ駅前
訪問看護ステーション

〒195-0053
東京都町田市能ヶ谷1丁目7番7号レクセルプラザ202
TEL:042-708-9863

スマートフォン専用サイトQRコード 旅の介助
5月12日は看護の日